【まとめ】子供の身長が伸びない病気「低身長症」の原因と治療法記事一覧

子供の身長が伸びなくて悩んでいる親御さんは少なくありません。しかし、そんな低身長には「病気」も関係している場合があります。身長が伸びない病気はいくつかありますが、その中に「成長ホルモン分泌不全性低身長症」という病気があります。生まれた時から成長ホルモンがうまく分泌されなかったり、生まれた時に脳の一部分がダメージを受けてしまうと成長ホルモンが分泌されなくなってしまうという原因で起こるのが、成長ホルモ...

低身長症は正式な病名は「成長ホルモン分泌不全性低身長症」と呼ばれていて、後天的な原因で発症するものではなく、生まれた時から先天的に持って生まれてくる病気です。成長ホルモンは脳の下垂体という部分から分泌されていますが、赤ちゃんが生まれてくる時にこの下垂体の部分及び周辺の部分にダメージを受けてしまうと、下垂体が正常に機能できなくなって成長ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。子供は生まれたその年に...