【重要!】子供の身長を伸ばす基礎知識「食事(栄養)」について!記事一覧

成長期の子供は、とにかく食べても直ぐにお腹がすくことが多いですし、一回の食事の量も多いですよね。大人と比べて「食べ過ぎよ!」という必要はなく、子どもは大人よりも新陳代謝や基礎代謝が多いので、体を動かすなど生活習慣に気をつけていれば食欲に任せてモリモリ食べさせても問題ありません。食べた分は運動してカロリー燃焼すれば良いのです。食事を見直して身長を伸ばす方法は、子どもに食欲があることが大前提となります...

背が伸びる食べ物は、成長ホルモンの分泌をつながしてくれるたんぱく質を多く含む食べ物です。タンパク質は肉とか魚などに多く含まれていますが、それぞれ吸収率などが違うので、肉だけ、魚だけという食べ方ではなく、肉や魚、豆類、卵類、乳製品をバランスよくいろいろな方法で摂取するのがおすすめです。たんぱく質を多く含んでいる食べ物を100グラム食べても、タンパク質が100グラム取れるというわけではなく、牛肉とかカ...

小学生と言っても低学年の頃と高学年の頃とでは、食事の量が違いますし、運動量とかライフスタイルもかなり違いますよね。だから、小学生とひとくくりにしてしまうのではなく、子供の成長に合わせて適切な食事を準備することが身長を伸ばすという点ではとても大切だと思います。小学生でも最近では、太ってしまうのが嫌だと女子ならダイエットに励むことが増えていますが、この時期には成長に必要な栄養がしっかり取れていないと、...

中学生になると、子ども自身の食欲がかなり旺盛になって、食事の量が増えます。さっき食べたばかりなのにもうお腹が空いてしまったりということも多いですが、親としては子供のお腹が空いたからと言って、そのたびに料理をするわけにはいきません。1日3食しっかり食べていても、それだけでは足りない子が多くなりますが、食事の間にお菓子とかインスタント食品を食べて空腹を満たすなら、その分をより栄養価の高いものに置き換え...

高校生になってから身長を伸ばす事は可能ですが、日本人の場合、成長ホルモンが分泌される時期が他の人種よりも比較的早いと言われていて、男子なら15歳から18歳まで、女子なら13歳から16歳まで背が伸びやすいと言われています。男子なら高校生になってから背が伸びることもありますが、女子だと難しい時期ということにもなりますし、この時期になると思春期ということもあって親に反抗するようになったりするので、アドバ...

子どもの身長を伸ばす要素は大きく分けると5つあり、どれか一つが欠けてしまっても身長は最大限に伸びてくれません。その要素とは、質の良い睡眠時間、適度な運動、成長ホルモンの分泌、生活習慣、そして栄養素があり、その中でも栄養素というのは毎日の食事でどんな食べ物をどんな風にどのぐらい食べているかという食生活が大きく影響してきます。近年、身長が思うように伸びない子供が増えているようですが、その中にはダイエッ...

牛乳を飲むと身長が伸びるという話は、誰でも1度や2度は聞いたことがあると思います。確かに、牛乳には動物性たんぱく質が含まれていますし、カルシウムも含まれているので、身長を伸ばす方法としては悪くはない食材だと思います。しかし、牛乳だけで背がぐんぐん伸びるかと言えばそれは疑問で、実際にお腹を壊してしまうほど大量に牛乳を飲み続けても、身長が思うように伸びなかったという事例はたくさんありますよね。つまり、...

子どもの身長を伸ばす方法を栄養素という側面から理解するためには、骨が成長するメカニズムを理解することが大切です。身長を伸ばす方法としては肉や魚などのタンパク質を摂取することが大切ですが、タンパク質は単体で骨を成長させてくれるわけではなく、タンパク質のコラーゲン成分がカルシウムとかリンなどをくっつくことによって、丈夫で健康な骨を作ることができます。また、マグネシウムは骨の弾力性に大きな関係があります...

タンパク質は人間の成長には欠かすことができない栄養素で、骨を成長させるだけでなく、髪や皮膚、そして筋肉の成長とも大きな関係があります。これは日本人の食生活の変化によって歴史的にも証明されていて、仏教の教えによって肉を食べなかった時代には日本人の身長はとても低かったと言われています。また、第二次世界大戦の前には日本人の食生活は炭水化物が中心となっていましたが、戦後になってから欧米的な食生活が普及し、...

骨や歯を強くすると言われているカルシウムは、子供の成長期には積極的に取りたい栄養成分の一つでもあります。身長を伸ばすためには、骨を成長させることが必要になりますが、骨を伸ばす働きをしているのはタンパク質の働き、そして骨を強く健康的な質へと導いてくれるのがカルシウムの働きと考えると分かりやすいかもしれませんね。カルシウムが不足している子供は、どうしても骨の質が劣化してしまうので、転んだだけで骨折した...

カルシウムは、小魚とか牛乳、ほうれん草などにたくさん含まれている栄養成分ですが、普段の食生活から十分な量を摂取することは難しいと言われています。子供の場合、成長期や年齢に合わせて必要な摂取量は異なるものの、小学生なら650mg〜700mgぐらい、中高生になると700mg〜900mgぐらい取ったほうが良いみたいです。(※カルシウムの食事摂取基準の詳しいグラフはこちら)特に成長盛りの時期には、骨が成長...

身長を伸ばす効果があることで知られている亜鉛は、成長ホルモンの分泌を促進する役割を持つたんぱく質とか遺伝子を作る作用がある酵素の中に含まれています。骨を発達させて成長させるためには欠かすことができない成分で、これが不足するとたんぱく質がうまく合成できなくなってしまい、身長が思うように伸びないというトラブルが起こりやすくなります。実際に、身長が高い人と低い人から普段の食生活でどのぐらいの亜鉛を摂取し...

成長期に身長を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌を促進してくれるたんぱく質を積極的に摂取するのがおススメです。たんぱく質と言えば、肉や魚などに多く含まれている栄養成分ですし、チーズとか牛乳などにも多く含まれているので、家庭で欧米的な食生活をしている人なら比較的毎日の食事で取り入れやすい栄養素ですよね。子供の成長期には、食事の量が多くなったり、食べてもすぐにお腹がすいたりするので、どうしても腹持ちが...

成長期に必要な栄養はたくさんあります。その中でも特に重要な「たんぱく質」。たんぱく質を含む食品はたくさんあり、肉や魚を始め、豆類や乳製品などにも多く含まれています。タンパク質は体内に入ると成長ホルモンの分泌を促進する効果があるとともに、骨の成長を促進する作用もあるので、背を伸ばしたい子にとっては成長期に食べさせたい食品と言えます。しかも、タンパク質が多い食品は成長期の子供が大好きな肉類とか魚介類、...