小学生〜中学生〜高校生まで!身長を伸ばす方法をまとめました。

【小学生〜中学生〜高校生】身長を伸ばす方法まとめ!

 

ちょうど成長期にさしかかる小学生から中学生、そして成長期が終わる高校生までは子供の成長度合は気になります。

 

 

特に身長はよくわかる体の変化です。ここでは、

 

  • 小5
  • 小6
  • 中1
  • 中2
  • 中3
  • 高1
  • 高2
  • 高3

 

これらの時期にあった身長を伸ばす方法を徹底解説します。それぞれお子さんの学年にあった部分を参考にして頂ければと思います。

 

小5で身長を伸ばす方法はどんなことに気をつければ良い?

小5くらいになってくると、本格的に野球やバスケットボール、サッカー、バレーボールなどのスポーツを始める子供が増えてきます。

 

 

これらのスポーツをする場合は、背が低いことがデメリットになってきます。背が低くてもこれらのスポーツで活躍している人はたくさんいます。

 

 

しかし小5では自分の背が低いのがダメなのだと自分に自信が持てないと考えてしまう子供がたくさんいるようです。小5の時点で背が低くても、まだ伸びるチャンスはあります。

 

平均身長に届いていないと心配

親御さんたちは、やはり同じ年の子供たちの中で自分の子供の背が低いと気になるものです。特に小5の平均身長に届いていないなら心配になるものです。

 

 

何とかして身長を伸ばす方法を探してあげたいと考えてしまいますね。身長は遺伝が関係しているとも言われていますが、遺伝のみで決まるわけではありません。

 

 

両親ともに背が高いのに子供の背が低いとか、その逆もあります。

 

子供の身長を伸ばす方法はどんなことが重要か

小5で身長を伸ばす方法は、成長ホルモンをしっかりと分泌させることが大切です。身長を伸ばすためには、しっかりと睡眠を取ってきちんと食事をとることです。

 

 

睡眠と豊富な栄養は子供の身長を伸ばす方法の中で絶対に外せないものです。昔から言われている、「寝る子は育つ」というのは本当のことなのです。

 

 

最近の子供たちはスマホやパソコンなどを使って夜遅くまで起きていたり、昼夜逆転しているような子供もいます。成長期の一番大切な時期に、成長ホルモンが分泌されなくなると身長が伸びるチャンスが無くなってしまいます。

 

【まとめ】小5の身長を伸ばす方法

小5で身長を伸ばす方法は、とにかく睡眠と栄養をたっぷり取ることが一番重要です。成長ホルモンは睡眠中の特定の時間がくると多く分泌されます。

 

 

その時に寝ていないと分泌されなくなります。睡眠時間を何時間取るか、何時頃眠るかで成長ホルモンの分泌量が大きく違ってきます。

 

 

人間の体は夜に細胞分裂ができるようになっています。そうなるように親御さんたちが子供の生活リズムを整えてあげるようにしましょう。小5の身長を伸ばす方法は、まず早寝早起きをすること、しっかりご飯は食べること、スマホやゲームはほどほどにすることです。

 

 

これは親御さんの方からきちんと話して、使っても良いけれど長時間をはしないと決めないといけません。食事だけでは栄養素が不足しているのではと心配な場合は、身長を伸ばすサプリメントなどを取り入れると良いでしょう。

 

小6になってから身長を伸ばす方法はストレッチが有効なの?

小学生になると更に成長が目覚ましくなります。一気に身長が伸びたという子供も多いです。しかし、小6でもまだ平均身長に届いていないと悩んでいる子供や親御さんも多いです。

 

 

子供の成長には個人差がありますので、小6になってぐんと伸びる子もいればそうでない子もいます。ですから親御さんたちはあまり気にせず、成長をも守ってあげても良いのです。

 

 

とは言ってもやはり子供の成長は気になるものです。小6で身長を伸ばす方法があれば知りたいという親御さんも多いようです。

 

身長を伸ばす方法にストレッチが

小6ぐらいからどんどん身長が伸びてくる子がいますから、それほど気にすることはないのですが伸びる時期に行うと効果的なストレッチがあります。

 

 

朝起きた時に行うといいと言われているので、ぜひ子供に教えてあげましょう。まず、仰向けに寝転びます。朝目覚めた時に行うと良いので布団の上でそのまま行ってください。

 

 

次に手を頭の上で組んで、そのまま頭の先へ伸ばします。全身で背伸びをする感じです。この時、ゆっくりと呼吸をしながら5秒から10秒くらいキープします。そして全身の力を抜きます。この一連の流れを5回繰り返しましょう。

 

 

これは、夜寝ている間に背骨の関節が柔らかくなっているので、身長を伸ばす方法になると考えられています。

 

適度な運動もおすすめ

ストレッチ以外には、適度な運動も身長を伸ばす方法の一つになります。適度な運動により長ホルモンの分泌をさらに促すことができるのです。

 

 

適度な運動をすると、骨や筋肉に負荷がかかりますが、それを修復するためにたくさんの成長ホルモンを分泌させようと体は反応します。そのため、修復するだけでなくそれ以上に骨や筋肉が成長するのです。

 

 

しかし、小6では過度の筋トレは必要ありません。過度の筋トレは、かえって身長が伸びなくなるとも言われているので注意しましょう。

 

【まとめ】小6の身長を伸ばす方法

小6で身長を伸ばす方法は、小5でも同じように十分な睡眠と食事での栄養補給がまず一番です。これは何年生でもいっしょです。

 

 

成長ホルモンは午後10時から午前2時の間に分泌されます。この時間に眠っていないと十分な成長ホルモンが分泌されず、身長が伸びなくなってしまいます。

 

 

小学生のうちは、遅くても午後10時までには寝るようにし、規則正しい生活を送るようにしましょう。これは親御さんも気をつけてあげて、夜更かししないように注意してあげないといけません。

 

 

もし食事だけでの栄養が足りているか不安だという場合は、子供用の身長サプリを上手に利用すると良いです。

 

中1から身長を伸ばす方法は何か特別なことがある?

中1というと、まだ小学校を卒業したばかりであどけないものですが、学校生活は小学校と違ってガラリと変わります。皆クラブ活動をするようになり、毎日決まった運動をする子供が増えてきます。

 

 

適度な運動が、中1の身長を伸ばす方法の一つと言えるのです。なぜ運動をすると身長が伸びるのかですが、運動をすることで骨や筋肉が刺激され、それを修復しようとして成長ホルモンがたくさん分泌されるのです。

 

 

成長ホルモンがたくさん分泌されると、身長が伸びると言われています。

 

身長が伸びやすいスポーツとは

バスケットボールやバレーボールをしている人は身長が高い人が多いですが、もともと背が高いから始めたという人もいますが、それほど大きくないけれど始めたら背が伸びたという人は多いのです。

 

 

バスケットボールやバレーボールはジャンプの動作を多くしますが、ジャンプは骨を縦方向に刺激するので成長ホルモンが出やすい動作だそうです。

 

 

ジャンプする運動に縄跳びがありますが、縄跳びの場合は動きが単純なため、それほど骨に刺激を与えないのでどちらかというとバスケットボールやバレーボールといった複雑な動きをするスポーツをする方が、身長を伸ばす方法になると考えられています。

 

 

中1になってクラブを選ぶ時、こういったことも考えて選ぶのも良いでしょう。

 

有酸素運動と無酸素運動はどうなのか

運動には有酸素運動と無酸素運動とがありますが、身長を伸ばす方法としておすすめなのはどちらの運動なのでしょう。有酸素運動は、ジョギングや水泳といった負荷の軽い運動のことです。

 

 

長時間継続して行うものですね。有酸素運動をすると血液中に一酸化窒素が増えるのですが、これが成長ホルモンの分泌を促進する効果があるのです。無酸素運動は、負荷をかける筋トレやダッシュなどがそれにあたります。

 

 

無酸素運動をすると乳酸が発生します。この乳酸も成長ホルモンの分泌を促進すると言われています。しかし、中1で過度な筋トレを行うと逆に身長が伸びなくなるので筋トレは軽く行う程度にしておきましょう。

 

【まとめ】中1の身長を伸ばす方法

中1で身長を伸ばす方法としては、適度な運動をすることが挙げられます。運動をすると骨や筋肉が刺激されて、成長ホルモンを分泌しないといけないと体が反応するのです。

 

 

身長は成長ホルモンが大きく関係していますから、成長ホルモンの分泌を促進するような運動を行いましょう。中1ならまだまだ伸びるチャンスはあります。

 

 

なかなか結果が出なくても落ち込まないで、親御さんもうまく協力してあげるようにしてください。食事面や生活面のサポートは大切です。

 

中2で身長を伸ばす方法はとにかく食べること?

中2ともなると、中学生活にもすっかり慣れてクラブ活動にも力が入る時期です。運動量も増え、お腹もすくために、大人もびっくりするくらいの食欲旺盛な状態になる頃です。

 

 

中2くらいから一気に身長が伸びる子供がいますが、その子はたいてい良く食べます。しっかり食べて成長に必要な栄養素が足りていれば、成長ホルモンも十分分泌されます。

 

 

偏った食事やインスタントばかり食べていると、お腹は膨らむけれど栄養不足という状態になり、中2の成長期を乗り切れません。親御さんが毎日の食事を考えてあげて、適切な栄養素を摂るようにしましょう。

 

 

バランスの良い食事を摂ることが身長を伸ばす方法でもあるのです。

 

身長を伸ばす栄養素は

中2くらいに急激に背が伸びたという人は多いです。男子の成長のピークは12歳から15歳、女子は10歳から12歳となっていて、だいたい中2の頃が男子の身長は一番良く伸びると言えます。

 

 

身長を伸ばすために必要な栄養素を知り、親御さんも子供の食事メニューに取り入れてあげるようにしましょう。やはり子供の身長は高い方が良いですからね。

 

 

身長を伸ばす方法としては、カルシウムをたくさん摂れば良いものではなく、たんぱく質や他の栄養素もたくさん摂らなければなりません。たんぱく質は骨や筋肉を作り、成長ホルモンの分泌にも関わっています。

 

 

たんぱく質とカルシウムの働きを助ける栄養素も一緒に摂り、身長を伸ばす努力をしましょう。

 

身長を伸ばす方法としては何を食べれば良いか

身長を伸ばすために必要な栄養素を含むものには、牛乳やチーズといった乳製品が多いです。牛乳はカルシウムだけでなく、たんぱく質やアルギニンなどを多く含んでいるので身長を伸ばすためにはおすすめのものとなります。

 

 

その他には大豆がおすすめです。大豆製品を意識して食べるようにすれば、身長が伸びるかもしれません。

 

 

身長を伸ばす方法で、食事をしっかりとることとありますが、食事に好き嫌いがあり、牛乳や大豆製品をあまり摂らないという場合、それらが不足しがちになりますので、身長を伸ばす効果があるとされるサプリメントを利用するのも良いでしょう。

 

 

しっかり食事を作ってあげていても、どうしても不足する栄養素は出てきます。そんな時に補う意味で使うと良いです。

 

【まとめ】中2の身長を伸ばす方法

中学生が身長を伸ばす方法は、しっかり運動をしてとにかく食べる、そして寝る。これが一番なのです。

 

 

中2になると勉強も難しくなってきて夜に塾に行く子も増えてきて睡眠時間が短くなってしまいがちですが、遅くても午前0時までには寝るようにし、十分な成長ホルモンを分泌させることが大切です。

 

中3からでも身長を伸ばす方法はあるので諦めないことが大切

子供が中3になったけれど、身長があまり伸びていないと悩む親御さんもおられます。中学生の間でだいたい大人の身長を決めるとも言われているので、あまり伸びていないと親子で焦ってしまうようですね。

 

 

身長の伸びる時期は個人差がありますし、男女でも違いがありますのであまり考え込まないことも大切です。一般的に、男子は12歳から15歳、女子は10歳から12歳の間で成長ホルモンがたくさん分泌され、急激に身長が伸びると言われています。

 

 

この年代が過ぎるとピタッと成長ホルモンの分泌が止まるわけではありませんので、中3でもまだ伸びるチャンスはあります。

 

身長が伸びる環境を作ろう

中3からでも身長を伸ばす方法は、成長期の子供たちにずっと言われていることと同じことを実行するだけです。それは、食事、運動、睡眠ですね。食事や運動は中学になってからは十分にできているでしょうが、中3になると睡眠がよく取れない子供が増えてきます。

 

 

受験勉強などもあるのでわかるのですが、成長ホルモンが分泌される時間(午後10時から午前2時)には眠っていたいので、勉強があるなら生活リズムを朝型に変えてみましょう。

 

 

夜は早く寝て朝早起きするのです。そうすると勉強もはかどるという声は多いですよ。成長ホルモンは分泌されるわ、勉強ははかどるわで良いことばかりです。

 

寝る前にしてはいけないこと

中3になると友達との交流も増え、スマホなどでやりとりすることも増えるでしょう。それはわかるのですが、夜遅くまでスマホを使って交流したり、ゲームをしたりするのは良くないのです。

 

 

布団の中でこっそりスマホを触っている子供もいるようですが、脳が興奮状態になってとても良い睡眠が取れる状態ではありません。また、寝る直前に食事を摂るのも止めましょう。

 

 

成長ホルモンは空腹時にたくさん出るからです。食事は寝る2時間前までに済ませておくのがベストです。

 

【まとめ】中3の身長を伸ばす方法

中3からでも身長を伸ばす方法は、とにかく生活習慣を見直すことです。食事、運動、睡眠がしっかり取れているかを親子で見直してみましょう。

 

 

身長を伸ばす方法は、難しいことは一切ありません。普段の生活習慣を規則正しいものにすれば、体はその通りに反応してくれるのです。毎晩遅くまで起きて受験勉強をすることは、身長を伸ばす方法としてはあまりおすすめできない習慣です。

 

 

身長を伸ばすためには睡眠時間は7時間以上取りたいですから、朝起きる時間から逆算して何時に布団に入ればいいか決めておきましょう。

 

もう手遅れ?高1からでも身長が伸びる方法を知らないあなたへ!

「身長は中学生の間にうんと伸びるよ。まだ大丈夫だよ。」なんて言われていたけれど、高1になった今でもあまり伸びていないよという子供は多いです。

 

 

高1になったけど、本当にまだ伸びるのかしらと不安な親御さんもいることでしょう。でも、まだ高1です。身長を伸ばす方法はありますので諦めないでくださいね。

 

高1はまだまだ成長期

成長期は、中学生から高校生くらいの間だと言われています。ですから高校生になったとたんに身長の伸びが止まることはありません。急激に伸びることはないかもしれませんが、身長を伸ばす努力をすれば伸びる可能性はあります。

 

 

身長を伸ばす方法としていつも言われるのは、睡眠、運動、食事ですよね。昔から「寝る子は育つ」と言われていました。

 

 

これは本当にそうで、夜にしっかり睡眠ができている子供は成長期にぐんと大きくなっているのです。高1という時期はまだまだ成長期ですから、しっかり睡眠が取れるような生活リズムを作るようにしましょう。

 

夜にぐっすり眠るには

成長ホルモンの分泌が活発になるのは午後10時から午前2時くらいの間です。この時間帯にぐっすり眠れていれば、成長ホルモンは活発になります。

 

 

身長を伸ばす方法の大事なポイントは、夜にぐっすり眠ることです。ぐっすり眠るための方法は、寝る直前はテレビやパソコン、スマホはしないこと、過度な筋トレはしないこと、食べ物を胃に入れないことです。

 

 

また、夕方以降に仮眠をとると夜にぐっすり眠れませんので止めましょう。高1だとクラブ活動などで帰宅が遅くなり、勉強もしていると寝る時間が遅くなるというのもわかりますが、その場合は夜早めに寝て、朝早起きすると良いです。

 

【まとめ】高1の身長を伸ばす方法

高1はまだまだ成長期ですから、身長を伸ばす方法はあります。もちろん、効果には個人差がありますが、諦めずに取り組んでみましょう。

 

 

睡眠をしっかり取ることが身長を伸ばす方法だなんて、一番眠りたい高校生たちにとっては実行しやすいですよね。朝、明るくなったら起きて暗くなったら寝る、というごく当たり前の生活が一番の身長を伸ばす方法なのです。

 

 

高校生になったからもう無理だよ、伸びないよと親御さんも諦めてしまいがちですが、諦めないで親子で取り組んでみましょう。

 

 

中高生向けの身長サプリなども発売されていますから、それらもうまく取り入れて身長を伸ばす努力をしてみましょう。成長ホルモンがしっかり分泌されれば、まだ成長できます。

 

高2で伸びなければ諦める?身長を伸ばす方法は無い?

うちの子供は高2になったのに中学時代からあまり背が伸びていない、両親ともそれほど背は低くないのに、もう伸びなくなったのかなと不安に感じる親御さんもおられることでしょう。

 

 

最近の若い子は皆すらっと背が高い子が多いので、自分の子供もあんな風になって欲しいと願うものですね。

 

 

よく、両親とも背が高いから伸びるだろうとか、その逆に低いからあまり伸びないだろうという話を耳にしますが、身長の遺伝の影響はそれほど高くないのです。遺伝の影響は、25%くらいと言われていて、あとは生活習慣などが関係していると言われています。

 

 

ですから両親の背が低いからと諦めることはありません。また、高2はまだ成長期ですから、身長を伸ばす方法はあります。

 

こんな食事を心がけよう

身長を伸ばす方法は、食事、睡眠、運動をしっかり取ることだと言われています。高2にもなるとクラブ活動も一番活発な時期で食事の量もかなり増えてくる子供が多いですね。

 

 

栄養バランスのとれた食事をすることが、身長を伸ばす方法の一つと言われています。身長を伸ばすのならカルシウムが大事ですが、カルシウムだけでなくそれを吸収する働きがある栄養素も一緒に摂らなければなりません。

 

 

お腹が空いたからといってファストフードやインスタント食品ばかりを食べていると、栄養バランスが崩れますので、身長が伸びにくくなります。

 

 

カルシウムだけでなく、ビタミンやたんぱく質も身長を伸ばすためには必要です。三食きちんとバランスよく食べていれば問題はないのですが、親御さんの中でも毎日栄養バランスを考えて作るのは大変という声があります。

 

 

そんな時は中高生向けのプロテインなどを使って栄養補給しても良いでしょう。

 

【まとめ】高2の身長を伸ばす方法

高2で身長を伸ばす方法なんて無いだろう、と諦めている人は多いかもしれませんが、まだまだ成長期ですから諦めずに身長を伸ばすための生活習慣を身につけて実行していくようにしましょう。

 

 

難しいことはありません。三食しっかり食べてぐっすり寝て適度に運動をすることが基本なのです。朝学校に行って夕方に帰ってきて、ご飯を食べて夜に寝る、この当たり前のことをすることが身長を伸ばす方法です。

 

 

もう高2だからといって諦めないでください。16歳、17歳はまだまだ成長期と言えますから、努力次第で身長が伸びる可能性は十分にあります。大人になってからでも伸びる人もいるようですから、諦めないでくださいね。

 

高3でも諦めない!身長を伸ばす方法はこれ

多くの人は、だいたい中学3年生くらいまでに身長が急激に伸びて、そこから落ち着いていくものだと考えているようですが、高校生になってからでも十分に伸びるチャンスはあります。

 

 

一般的には高校卒業するまでくらいは身長は伸びると言われているのです。ですから高3でもこれから身長が伸びる可能性はあるのです。

 

高3で身長を伸ばす方法は

高1から高2までは思うように身長が伸びなかったけれど、高3からでも頑張れば身長は伸ばせます。高3から身長を伸ばす方法というのは、これといって決まったことをするわけではありません。

 

 

今まで通り食事、睡眠、運動をしっかりすることが基本です。成長ホルモンの分泌量や、成長する時期には個人差があります。早い時期に成長する子供は中学生くらいで一気に身長が伸びますが、高校生くらいから伸びて来る子供もたくさんいるのです。

 

こんな運動をしてみよう

高3になると、クラブ活動も引退して運動する機会が減る子供が増えます。しかし身長を伸ばす方法には適度な運動がありますので、クラブを引退してからでも、また普段から運動する機会がなかった子供も取り組んでみましょう。

 

 

身長を伸ばすための運動は、全身の筋肉を使って、全身の骨を活発にさせるものが良いです。また、体を縦に伸ばす運動は骨が伸びやすいと言われており、ジャンプを伴う運動などがおすすめです。

 

 

ジャンプと言っても、縄跳びだと単調になってしまうので、レパートリーが豊富なジャンプがある運動が良いようです。

 

 

具体的には、水泳、バスケットボール、バレーボール、ぶら下がり運動などです。運動が苦手だというなら、体を伸ばすストレッチを朝起きた時に行うと良いようです。

 

【まとめ】高3の身長を伸ばす方法

このように高3からでも身長を伸ばす方法はあるので、諦めずに取り組んでいきましょう。高3で伸びなかったらもうダメだろうと考えている人もいるようですが、20歳を超えてからでも数センチ身長が伸びている人もいるのです。

 

 

ですから身長が伸びるのは高校生まで、というような話は一般論で、いくらでも覆すことは可能です。高3で身長を伸ばす方法というのは、中学生頃から言われてきたことを継続するだけです。

 

 

栄養バランスの整った食事を摂る、たっぷりと睡眠を取る、適度な運動をすることです。

 

 

大きくなるにつれて生活環境も変わってきますので睡眠時間を長く取るのは難しくなってきますが、身長を伸ばすためだと考えて成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムに眠れるように工夫していきましょう。親御さんも協力してあげると良いですね。

 

 

まとめ

以上、学年別に身長を伸ばす方法を解説しました。それぞれの時期にあった方法を実践していただければと思います。

 

 

あと、当サイトで何度も言ってきましたが、必ず身長が伸びる方法はこの世にありません。

 

 

まずは生活習慣の運動、睡眠、そして食事を見直すことが重要です。ただ、詳しい内容はトップページを見て頂ければわかりますが、成長に重要なのは食事です。

 

 

なぜなら、どの子もある程度運動をし、ある程度睡眠をとっているからです。各家庭で一番変わってくるのは間違いなく「食事」です。

 

 

管理人もそのことに気付いて栄養補助食品(身長サプリ)を始めました。その結果、理想とまではいきませんが、子供たちの成長に大きく貢献してくれました。

 

 

管理人の息子たちが愛用している身長サプリは2種類

 

身長サプリの中でも特に有名な「アスミール」、そして手軽に摂れる錠剤タイプの「カラダアルファ(α)」を息子たちは愛用しています。それは別記事で詳しく解説しています。別記事を見るには各リンクをクリックしてください。

 


 

子供の成長で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね(*^_^*)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

あまり背が高くない日本人…でも子供の平均身長は伸びています!
子供の身長に関する基礎知識で「あまり背が高くない日本人…でも子供の平均身長は伸びています!」をご紹介します。
簡単チェック!子供の身長伸び度がわかる「3つの生活習慣」
3つの生活習慣から子供の身長の伸び度をチェックしてみましょう。簡単にチェックできるので、もし子供の身長のことで悩んでいる方がいるならぜひ参考にしてください。
親の身長でわかる!子供の【最終身長】を計算する方法
子供の身長には親の遺伝も少なからず関係しています。そんな親の身長から子供の最終身長を計算する方法があります。それを詳しくご説明するので、一つの目安として知って頂ければと思います。
成長ホルモンを増やせば子供の身長がグンと伸びるって本当?
成長ホルモンが子供の成長に関係していることをご存知の方は少なくないかもしれません。実際に子供の身長を伸ばす方法は数々ありますが、そのほとんどが成長ホルモンの分泌を施すものです。では成長ホルモンを増やせば子供身長は伸びるのでしょうか…。詳しく解説します。
【低身長の子供必見】1日で身長を伸ばす驚きの方法とは!?
「わずか1日で身長を伸ばす!」そんな驚きの方法は果たしてあるのでしょうか…。ここではその方法を検証すると共に身長を伸ばす上で最も重要なことをお伝えします。
「うちの子の身長って平均より高いの?」答えは成長率にあった!
わが子の身長が平均より高いのかどうか気になっている親御さんは多いはず。とりあえず平均あれば…なんて思っている方もいるでしょう。それを測る基準は身長の成長率でわかるので詳しく解説しますね。
もっと身長が高くなりたい…今から身長を10cm伸ばす方法とは!?
高校生ぐらいになると異性も意識し、身長がもっと高くなりたいと思う子供が多いようです。そんなお子さんにぴったりの今から身長を10cm伸ばす方法をご紹介します。